So-net無料ブログ作成

あの素晴しい愛をもう一度 [懐かしの音楽]

20091017.jpg
 命かけてと 誓った日から
すてきな想い出 残してきたのに
あの時 同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

赤トンボの唄を 歌った空は
なんにも変わって いないけれど
あの時 ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

広い荒野に ぽつんといるよで
涙が知らずに あふれてくるのさ
あの時 風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴しい愛をもう一度
あの素晴しい愛をもう一度

北山修作詞・加藤和彦作曲



この歌が生まれた時は僕は四歳。
中学生の時だったかな、音楽の授業で唄いましたよ。みんなで歌う合唱ってやつで。
これ、よく読むと失恋の歌なんだけど、不思議と力が湧いてくるような歌だった。
・・・どうなんだろ。今も小中学校で唄われてるのかな?
昭和の名曲のひとつだね。

フォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンドで活躍された、音楽家の加藤和彦氏が亡くなりました。享年62歳・・・自死の可能性が強いとのこと。
『帰って来たヨッパライ』の歌に出てくる人は、飲酒運転で死んだ人が、天国でも酒を飲み続けて、あきれた神様から天国を追い出されて生き返っちゃうんだけど・・・なんか、やりきれないね。
どうしようもなく疲れたのか・・・孤独だったのか・・・僕には分からないけれど。
でも、生き抜いて欲しかった。音楽で人々に力を与えることを生業にしてきた人だからこそ。。。
昭和がまた少し、遠くなった気がしました。
 
どうか安らかにお休みください


nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 8

まちびとん

何があったんでしょうね?
ご本人の事は詳しく知りませんが、曲は良く知っています。
なんだか残念な事ですね。自殺とはねぇ・・・色々あったんでしょうね・・・
by まちびとん (2009-10-18 02:12) 

nexus_6

「悲しくてやりきれない」が好きでした。
今でもおおたか静流さん版を時々聴きます。

遺書には「音楽でやるべきことが無くなった」という意味のことが
書かれていたそうですが、人としてやるべきことはまだまだ有った
筈です。悔しくてやりきれません...
by nexus_6 (2009-10-18 09:38) 

chako

大好きな歌でした…
悲しくて悲しくて とてもやりきれない…
by chako (2009-10-18 11:38) 

空兵ーS

「帰ってきたヨッパライ」でフォークルがデビューしたときは高校生でした。
盛んに校内放送でかかってましたが、「悲しくてやりきれない」が校内放送禁止になったりしましたね。「イムジン河」はレコード発売禁止でしたか。
ちょっと日本のビートルズが現れた見たいな雰囲気が当時ありましたね。
残念ですね。

by 空兵ーS (2009-10-18 20:32) 

sak

びっくりしちゃいました
新聞で名前見た時ピンと来なかったのですが
曲名とか見て驚いちゃいました
聴いたことのある曲ばかりで...
天国へ行かれて神様に「まだ早いよ」って追い返されてこないかなぁ...
とか不謹慎なこと思ってしまったり...
心からのご冥福お祈りいたします。
by sak (2009-10-19 10:17) 

でじこん

加藤和彦さんのニュースにはビックリしました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
by でじこん (2009-10-19 17:15) 

なちゃ

コメントを下さった皆様、ありがとうございます。

氏は、自らの音楽に対してかなり悩まれていたようですね。
あんなにいい歌をたくさん書いていたのに・・・・悲しいです。
死を選んではいけませんよね・・・・

by なちゃ (2009-10-21 01:15) 

なちゃ

niceを下さった皆様、ありがとうございます
by なちゃ (2009-10-21 01:17) 

コメントを書く ※いつもコメントありがとうございます。レスが遅い無精者ですが、遠慮なくお書き下さい。スパム対策の禁止ワードを設定しています。

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
別館オープンしました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。